30代からの乾燥肌の化粧水|乾燥肌はセラミドで保湿すること

30歳を迎えてから急に肌の乾燥が気になる…なんて人は多いですよね。

いろんなスキンケア用品かありますが、乾燥肌用の商品にも種類が様々です。

コラーゲンが良い
ヒアルロン酸が良い
ビタミンCがいい

 

正直、自分の肌トラブルにあったものを選べる人はかなりの美容オタクだと思います。(笑)

 

ここでは30代からの乾燥肌に着目しておすすめの成分をご紹介。

 

まずは乾燥肌の化粧水を選ぶこと

乾燥肌で肌がピリピリして引っ張られるような感じがする。そんな30代の肌トラブルを抱えている人は、まずパッケージを見て「保湿ケアの成分」が含まれているかどうかを確認します。

 

パッケージには色んな謳い文句が書かれていて、正直どれがいいか分からない人は、これだけ覚えておいてください。

 

それは、セラミドです。

 

セラミドが乾燥肌に保湿力を高める鍵となる成分です。

 

「えー、でもヒアルロン酸とかコラーゲンも捨てがたいんだけど」

って言う人もいると思います。確かにヒアルロン酸もコラーゲンも保湿を高める効果は期待できますが、まずはセラミド第一で選んでみてください。

セラミドを使うことで驚きの効果が期待できるのがわかりますよ。

 

30代の乾燥肌はセラミドに着目する

セラミドは、数ある美容成分の中でも、特に保湿力が高いことで有名です。乾燥肌であればまずセラミドを選んで間違いありません。

 

セラミドは、人の肌に存在する脂質で、細胞同士の隙間を埋めて、水分と結びついて水分を取り込み、蒸発を防いでくれています。

 

よく化粧水は蒸発するからつけても意味が無いといいますが、それも一理あり、本来肌表面は皮脂で覆われて水分が入り込むことができませんし、バリア機能によって異物を受付けません。ところが、セラミドは唯一水分と結合することが出来る脂質なので、同じ成分のセラミド同士で成分を浸透させることが出来るのです。

 

これは脂肪細胞の中ではセラミドが唯一できる効能で、湿度が全くない0%の状態でも蒸発することがなく、逆に水が凍る氷点下の中でもセラミドによって取り込まれた水分は凍りません。どんな状況下においてもカラカラに干からびること無く生きていけるのは、セラミドが肌を守ってくれているおかげなのですよ。

 

なんだかセラミドって神秘的な成分ですよね。

 

セラミドは肌の新陳代謝によって作られますが、残念ながらあ年齢とともにセラミドは年齢とともにその数が減っていきます。
赤ちゃんを見ると分かりますが、いかにもプルプルのお肌はたっぷり潤っている肌ですよね。セラミドは赤ちゃんの時がピークで後は減っていく一方なんです…。

 

子供の頃は乾燥肌とは無縁だった人もゴワゴワガサガサしてしまうのは、まず疑うのはセラミドが減っているせいだと思ってください。セラミドが不足してしまうと、角質層に潤いがなくなり、肌の表面も荒れ始めてきてきます。潤いが無いと表面のバリア機能が低下して異物が侵入してしまうので、痒みや炎症などの肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

 

コラーゲンやヒアルロン酸も大事ですが、セラミドが減ってしまうことがいかに乾燥肌を引き起こすことにつながるかを理解することで、むやみやたらにいろんな成分を使う必要がなくなります。

 

だから、まずは化粧水からセラミドを補給することが大事なんです。

 

セラミドまがいに注意

乾燥肌用の化粧水を見つけたら、まずは成分に「セラミド」という文字があるかをチェックします。

そして重要なのが、セラミドの後ろに1~3の数字があること。

セラミド

セラミドには1~6種類あり、そのうちセラミド1~3が特に乾燥肌に良いといわれています。

 

逆に、セラミドの後ろに番号がない場合や説明欄にセラミド機能成分と書かれているのもは、セラミドではなく「セラミド類似物質」である可能性が非常に高いです。

 

近年では色んな種類の成分があり、特に植物系は優しいというイメージで乾燥肌に支持されています。

 

ですが、実は植物よりも動物性のほうが成分の構造的には近いので、植物系より動物性の方が効果が高いのです。そしてセラミドのまがい物は植物性に多くあります。

 

セラミドの類似品を使って何か悪いことがあるわけではないですが、セラミドを求めて購入したのにセラミドではなかったらなんか騙された気分になりますよね。

 

自分で判断できないなと思ったら、メーカーに直接問い合わせるのが1番ですが、とにかく「セラミドの後ろになんか文字がある」場合は、その化粧品は避けておきましょう。

 

その他の保湿成分で補強する意味

皆様が大好きなヒアルロン酸やコラーゲン。これらが配合されたスキンケア用品も、乾燥肌にはおすすめです。ですが、セラミドと比べると保水力では劣ります。どちらかというと、シミや老化を抑える効果を期待できる補助的な役割なので、セラミドを軸にして購入すのが乾燥肌の人にはおすすめです。

 

お肌の年齢に合わせて、紫外線や摩擦によって日々衰える肌には、乾燥だけではなく抗酸化作用のある美肌成分も確かに重要です。

 

ですが、まずはスキンケアの基本、保湿をして乾燥を防ぐことをベースにして、スキンケア用品選びでは、まずセラミド。肌の保湿力と、ハリを高められるものにしてみてください。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP