【シミとイボ】脂漏性角化症は遺伝|レーザー治療後のスキンケアで全てが決まる

 

女性にとって避けては通れないキーワード「シミ」

 

シミの原因はほんとうに様々。

・遺伝的なもの

・日焼けが色素沈着したもの

・肝斑…

 

遺伝的なものを除いて、女性ホルモンの低下によってターンオーバーが正常に働かなくなった時に起こるものが多いです。

 

この場合は、女性ホルモンのような作用のあるイソフラボンや、美容液などである程度改善は期待できますが、女性ホルモンは年々減少していくので、毎日のスキンケア・お肌の栄養面を考えた食事などが重要です。

 

大変ですが、女性ホルモンの低下によるターンオーバーの乱れによる色素沈着型のシミは多少なりともスキンケアすれば手の施しようがあります。

 

しかし…。

どうしても手の施しようがないものがあります。それがイボ。「脂漏性角化症」です。

 

脂漏性角化症って何?

脂漏性角化症は、いわゆる顔にできる大きなシミやイボです。老人性疣贅なんて呼び方もされるだけあって、加齢によってできるイボやシミです。

 

脂漏性角化症は遺伝的要因がとても大きく、肌の老化が進むと遺伝で脂漏性角化症になってしまうので、スキンケアや紫外線対策では防ぎようがありません。肌の老化自体はある程度紫外線対策で防ぐことはできますが、年齢を重ねるに連れてそれも限界があります。

 

だから、女性ホルモンの分泌低下に伴い、肌の老化が一気に進むと、遺伝により脂漏性角化症(シミやイボ)ができるわけです。

 

シミは最悪、ファンデーションやコンシーラーで隠すことができますが、イボは皮膚から盛り上がってしまうので、どうしても隠しきれません。だからシミよりもイボのほうが厄介なんですよね。

 

「病」という漢字があるので病気のような気がしてしまいますが、体に害は無いんです。強いて言えば顔にできて目立って精神的に参ることくらいでしょうか。あと、イボができる箇所によっては日常生活に支障があったりします。たとえば無意識に頬とか触っていたら誤って爪で引っ掻いてイボが引っかかって血が出たりね。

 

当方、イボ型の脂漏性角化症になりました

その血が出てしまったのは私のことですが、血が出ても痛くなく、そしてイボは取れることもなく、余計に盛り上がってしまっていました。

 

私の父が脂漏性角化症なので可能性は十分に感じていたのですが、見事に的中でしたね。まだ30代ですよ。イメージでは40後半に出来るものだと思っていたのでショックでしたよ。だから、両親の体質が脂漏性角化症であれば、子供に遺伝する可能性大です。

 

イボの発生は遅らせることは出来るかもしれませんが、いずれ肌の老化でイボができてしまいます。

 

私の場合、まだそこまでイボが大きくはないものの、脂漏性角化症は軟膏や美容液、イボ専用のオールインワンジェルなんかでは治らないんだそうです。

 

だから、イボはレーザー摘出手術が1番即効性があり、しかも1日で終り、しかも保険が効くから効果抜群。

 

脂漏性角化症の治療について調べていたら、イボを摘出した後クリアポロンというオールインワンジェルを使うと綺麗サッパリなくなったって書いてあったので、私もそれと真似しようと思い、まずは脂漏性角化症の摘出をしました。

 

イボは早く摘出手術をした方がいい

イボができたなら、迷わないでまずは皮膚科。面倒だけど、大きくなって後々手の施しようがないところまで来るよりはマシです。重い腰を上げて皮膚科にいきましょう。

 

皮膚科の先生に見せたら、すぐに治療をしてくれました。一瞬で終わります。レーザー治療で麻酔もするので全く痛みはないです。「焼かれている」っていう感覚は多少あります。焦げ臭いので。

 

私は2mm程度だったので治療費は1万円弱…。まぁ、でもイボがあったストレスから解放されたし、この先イボは大きくなる一方らしいので、無駄に様子見とかしないで摂ってしまってよかったと思います。

 

脂漏性角化症(イボやシミ)ができたら、直ちに皮膚科でレーザー治療すべし!

 

でもその後が大事なようです。何やらイボを除去した傷跡は紫外線に当たるとすぐにシミになるらしい。しかも脂漏性角化症の体質が治るわけではないので、より一層紫外線から肌を守るようにしないと、またイボが再発してしまうんだそうです。

 

紫外線…。一生戦わなければいけない女性の宿敵です。

 

でも、やっかいなのが、UVクリームも種類に気をつけないと、肌に負担がかかるので、それが原因で色素沈着を起こしてしみになることもある。しっかり落とすクレンジングだって、肌に負担がかかるものなので、優しいクリームタイプが良いらしい。

 

  • 日焼け止め…強すぎないもので、紫外線吸収剤の入っていないノンケミカルタイプ
  • クレンジング…オイルやシートで拭き取るタイプではなくクリームタイプ

 

どちらも肌を守るために必要なことだけど、これ自体が肌に負担がかかっているんですよ。

本当はなんにも塗らないでスッピン状態で窓もない部屋でじっとしている方がお肌は衰えないんでしょうね。(光を浴びないことはよくないが)

 

だから、常にターンオーバーを正常化してあげる美容液が必要になってくるというわけです。

 

ずっと若い頃と同じ化粧品が良くないのは、やっぱり年齢に合わせて化粧品もつくられているからなんですよね。

 

若い20代の頃は自己治癒力があるから、多少強めの日焼け止め、強めのクレンジングでも肌は大丈夫ですが、30代を過ぎると同じようにスキンケアしていると肌は悲鳴をあげます。

 

たとえば、ももの栽培の方法って知ってますか?品質がいいものは紫外線に当たりすぎないように一つ一つ丁寧にももを袋に包んであげるんですって。この手間があるからみずみずしいももが出来上がるんですって。

 

人の肌も同じですね。普段どれほど手間を掛けてあげているか。。。

 

でも、正直そんなに時間かけていられない!って言う人も多いはず。だから私はイボの治療後はイボ専用のオールインワンジェルを使いました。しばらくイボの傷跡に念入りに塗りましたよ。3ヶ月位。私も手術した方の真似をしてクリアポロン使いました。

 

今ではイボの後もすっかりきれいになりましたよ。クリアポロンの効果に驚きです。

 

イボができたらまずは皮膚科でレーザー摘出手術

 

今までイボがあるっていうだけで、なんだか精神的にダメージが大きかったです。私も老化の道を歩んでいるんだと、一気に気持ちが老け込むようでした。

 

無駄に髪の毛で隠したくなるし、鏡を見るといじりたくなるし…。

とにかくイボが気になって仕方ない生活でした。

 

今は綺麗サッパリなくなったけど、イボ体質だという事実は変わりません。だから美容液はイボケアに特化したものを使い続けています。

 

クリアポロンはイボに良いといわれるヨクイニンが配合されているし、ビタミンC誘導体も配合で美白もバッチリですよ。普通の美容液としても使えるので、それを使い続けています。イボへのポイントはヨクイニンです。ヨクイニン。

 

だから、同じようにイボが出来る体質であれば、さっさとイボをレーザー治療しちゃってください。治療場所は美容皮膚科ではなく、普通の皮膚科で大丈夫です。お医者さんに見せたら、その場で除去するかしないかジャッジしてくれます。するってなったらレーザー治療ですぐイボを除去してくれますよ。

 

早いほうが治療費も安く済むし、綺麗に無くなる可能性も残っています。それでもまたイボができたらイボをレーザー治療で除去する。これの繰り返しです。

 

この繰り返し肌へのお手入れ【スキンケア】が美肌を作るんです。

 

 

スキンケア・トラブル対処は早いほど良い

個人的アドバイスとして、こういう悩みに躊躇して様子見をしていると、どんどん治療が難しくなってイボがきれいに治るチャンスも逃します。

 

効果がある美容液の比較する事に時間をかければかけるほど、肌は老化を辿りイボが大きくなってしまうので余計な治療費がかさむ原因になります。

 

解決した人の集団を真似るのが1番早いです。値段なんて後々考えれば微々たる違いですからね。

 

早めの決断・行動が貴女のお肌を綺麗にします。

 

 

イボやシミが大きくなる前に行動しましょう。それからはシミが残らないように紫外線対策して、クレンジングもキレイにして、最後にターンオーバーを乱さないようにクリアポロンでイボのケアしてあげるんですよ!

 

以上です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。