食事制限ダイエットで成功する秘訣とは|30代から食事を見直す

アラサーだ。もう30歳過ぎた。

こんな人は一度食事を見直してみましょう。20代と同じ頃のように飲み食いしていると、脂肪が落ちない体になってしまいます。

 

体重増加の要因が、カロリーの摂り過ぎならば、ダイエットをして食事量を少なくするべきでしょう。
でも、食事の見直しなんてどうしたらいいかわからない。そんな人に活を入れてみたいと思います。

 

食事の見直しが必要な理由

健康を維持するには肥満体型を解消し、糖尿病や高血圧リスクを下げること。
今はまだ考えられない…という人も、注意が必要。なぜなら食生活はその日から突然変わるものではなく、毎日の積み重ねの結果が今の体型だからです。

 

カロリー量を気にせずに、食べたいと思ったものだけを食べていいのは、成長期の若い頃だけ。

これがダイエットの前提です。

 

どんなに筋トレをしても、カロリー代謝は年齢とともに衰えていきます。
ですから、必然的に必要なカロリーも少なくなっていくはずです。だから、特別そんなに食べすぎていない人でも、いつの間にか贅肉へと変換されていきます。

 

いったん、振り返って考えてみると、必要以上なカロリーを摂っていることに気づくはずです。

 

毎日適度な運動をしていて、代謝が低いわけではないのに太るという場合には、病気ではない限り、単純に食べすぎ。体が必要としている分のカロリーを摂取することが重要であり、それ以上を食べていると、脂肪となって蓄積されます。

 

中には太らない人もいますが、それは恵まれた現代にはとても羨ましい遺伝子の持ち主。通常は、もしもの飢餓に備えて脂肪として溜め込みます。そして、さらに栄養が入ってこない(減量など)ダイエットをしていると、身体が危機を感じて消費カロリーを抑えてしまうというなんとも現代人にとっては都合の悪い体の構造をしているんです。

 

だから、食べるなら動くことが必要不可欠。
まず代謝を上げる筋肉も、維持するためには運動を続けなければなりません。

 

基本的に人間は怠ける生き物だと自覚してください。
普段デスクワークをしているならば、それに見合っただけの筋肉しかつきません。それよりも代謝を上げるならば、やはり自ら行動を起こして筋肉をつける以外に方法はないんです。

 

人間の体は、必要最低限のエネルギー消費以外に、日常生活で使うエネルギーだけあれば十分です。基本的に取りすぎたエネルギーは消費しきれなかった分は体脂肪として蓄積されてしまうものです。

 

だから、若い頃のように運動をしない、身体を動かすような活動をなくなったなら、食事の内容を見直してみましょう。多少食べても太りにくいので、食べながら痩せることができます。

 

ダイエットに効果的な食事の見直し方法

ダイエットにも様々な方法がありますが、やはり食事の見直しが必要不可欠。ただし、むやみに食事を減らしていては、必要な栄養までも減らしてしまうことになります。

 

食事制限で意識するのは炭水化物と油です。

 

炭水化物は基本的にエネルギーの源です。

若い頃は、身体が活発に動き、細胞や臓器の機能もよく働き、よく食べてもちゃんとエネルギーとして使います。
だから炭水化物は必須栄養素といえました。

 

だがしかし!

 

30代からは事情が違います。

炭水化物はいわばガソリンのようなもので、あくまで体を動かすためのエネルギー補給で、決して身体の動力を高めたり、(代謝を高める)細胞の代謝を上げたりするのに必要な栄養素は期待できません。

 

良く、必須アミノ酸やビタミン類がダイエットに欠かせないといわれていますが、炭水化物で摂取することはできません。

 

だから、30代からは炭水化物は重要じゃないのです。

 

次に油は全く取らないことはおすすめしませんが、炭水化物やタンパク質よりもどうしてもカロリーが高くなります。

日常生活で意識しなくても自然と満たせる量を取れるので、むしろ少し減らすくらいがちょうどいいと思います

 

一番悪いのは炭水化物+油です。

 

某CMで「おいしいものは脂肪と糖でできている」なんて言葉がありますが、まさにその通りです。おいしいものは太る味付けがされているといってもいいでしょう。

 

では肉類や大豆などのタンパク質はどうでしょう?

 

一時、痩せたかったら肉を食べなさい!といったダイエットがブームになりました。いわゆるMECダイエット(肉と卵とチーズを食べる)に近いですよね。

 

ですが、これも勘違いしてはいけません。

 

栄養素は大事ですが、ダイエットの基本はカロリーのコントロールです。

 

肉を食べるダイエットで、肉類を多く含む洋食文化が盛んになっていますよね。肉は確かに動物性のタンパク質と脂質なので吸収率も高く、肌や髪の毛を作ったり、生理機能を高めるホルモンの材料には欠かせない必須アミノ酸やコレステロールを取ることができます。

ですが、そもそも、肉でダイエットがブームになったのは、カロリー制限で栄養素が足りず、リバウンドしてしまう人や激やせして命にかかわる人がが後を絶たずに、栄養が足りないダイエットは危険だと示唆されたからです。

(あとは画期的なダイエットとして名を売りやすかったからでしょう笑)

 

タンパク質なら日本食の大豆や魚といった健康的な料理でも十分取れます。

しかも、和食は低カロリーで高タンパク質です。

 

味付けが濃い食事は、どうしても脂質やカロリーを取りすぎてしまう傾向にあります。低カロリーで高たんぱくの食事に見直すことができれば、だいぶダイエットの結果が変わってきます。炭水化物類の麺やパンは糖質と同時に油も多くとってしまいます。やはりカロリーオーバーで体重増加につながります。

 

具体的なカロリー計算

大体30代の必要な1日の摂取カロリー1,800キロカロリー以内にとどめるならば、

  • 炭水化物4キロカロリー/g⇒100g(400キロカロリー)
  • 油9キロカロリー/g⇒50g(450キロカロリー)
  • タンパク質4キロカロリー⇒g:150g(600キロカロリー)s

 

残り350キロカロリーの足りないカロリーで、デザートを食べてください。(ストレスを溜めるのも良くないですからね。)

といった割合で取るイメージが良いと思います。。

 

まとめ

太りすぎを予防するためには、カロリーコントロールと、栄養の偏りをなくすことが超重要。

 

体重が増す要因の基本の基本は、食事の分量が大すぎることです。何も特別なことではありません。コチラのダイエットダイアリーで痩せる方法であれば、何を食べたかも簡単に把握できます。確認してみてください。

 

ダイエットをしている時には、ビタミンやミネラル、食物繊維をしっかり摂取するために、野菜も気遣って食事をしましょう。

 

ついつい、簡単なおにぎりやパン食、麺類に偏る現代。

一度自分の食事を見直して、5年後、10年後に周りとの体型の違いに差をつけてやってください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP