30歳過ぎたらクレンジングを見直す|オイルも拭き取りシートも危険な理由

突然ですが、女性の化粧というのは、ある意味ゲームのRPGによく出てくる「HP(ヒットポイント)」を消耗しながら毎日美しさを表現しているのかなと思うことがある。

 

なぜなら、化粧という行為は肌にとってマイナスでしか無いからです。

 

どんなに天然由来のファンデーションだったり、美容液配合のBBクリームだったりしても、肌を化粧という合成成分で塗りたくるのは肌にとってダメージでしか無い。

 

マイナスになるんだけど、身だしなみとして、オシャレとして毎日しなければいけないものだから、仕方なく肌の体力を奪いながら化粧をするんです。

 

若い頃はお肌も元気なので、化粧ノリも悪くないし、クレンジングと化粧水で肌の質はある程度回復させることができます。(これが正常なターンオーバーですね)しっかり睡眠を取っていれば全回復も不可能ではありません。

 

ですが、ゲームはレベルがあがるにつれてHPの最大値も上がっていきますが、現実はレベル(年齢)とともにHPの最大値が減っていきます。何となくイメージできるでしょ?

 

肌のHPの最大値が低くなるから、若い頃と同じクレンジング・スキンケアの方法を続けていると、肌の体力が足りず、化粧ノリも悪くなるし、当然回復も遅いです。しっかりお肌が回復する前に次の日また、化粧で肌にダメージを与えて肌質が悪くなる。

 

この悪循環がターンオーバー乱れ、シミ・シワ・たるみにつながるんです。

 

化粧をしたまま寝ると、お肌に悪いから皆化粧は落として寝ると思いますが…、そもそもクレンジングも界面活性剤。洗浄力が強ければ強いほど、肌にダメージを与えています。

 

若い頃のようにバッチリメイク、バッチリオイルタイプのクレンジングで化粧を落とす。こんなことを30歳まで続けていると、当然お肌はシミ・シワ・たるみが増えていきます。

 

でも、化粧をやめる訳にはいきませんよね。むしろシミを隠すために若い頃よりも厚化粧になる人もいると思います。

 

だから、30歳を過ぎたなら、まずはクレンジングを見直してください。

 

どうせ肌に負担をかけるなら、肌への負担を最低限にしたクレンジングにしましょう。

そんなクレンジングをご紹介します。

 

3つの危険なクレンジングランキング

 

クレンジングはそもそも化粧を落とすために界面活性剤が使われています。界面活性剤といえば、皿洗いの洗剤をイメージしてください。油汚れがしっかり落ちるでしょう。

 

でも、洗剤を使い続けると肌が荒れる人が多くいます。だから、界面活性剤はお肌が荒れる原因になるんです。肌に負担がかかっているんですよ。

 

ここからお肌に危険なクレンジングワースト3をご紹介します。

ポイントとなるのは、以下のとおりです。

  • 界面活性剤の強さ
  • 化粧を落とす時の肌への摩擦

 

ワースト3:オイルクレンジング

  • 界面活性剤の強さ:
  • 肌への摩擦:中

 

オイルクレンジングは手軽さと安価で一躍かなり人気となったクレンジングですよね。

メイクを浮かせてお湯だけで洗い落とせるのもありますよね。メイクとの馴染みもいいので、肌を摩擦させないという面では良いことなのですが、オイル自体を落とすためには大量の界面活性剤が必要ということになります。つまり、肌への負担がその分大きくなります。

オイルクレンジングを使うならば、その後のスキンケア次第でお肌が大きく変わります。

 

ワースト2:ミルクタイプクレンジング

  • 界面活性剤の強さ:中
  • 肌への摩擦:

 

界面活性剤が肌に悪いのは常識よ。と言って、優しそうなミルクタイプを使う人がいます。何となくミルクというイメージ先行で肌が優しい気がするのかもしれませんが、感触が違うだけでミルクタイプのメリットはあまりありません。

むしろメイクとのなじみがオイルよりも悪いので、とろっとしている質感から、どうしても肌を摩擦してしまいます。

ミルクと言っても所詮、水と界面活性剤を入荷させているだけ。ミルクタイプだから肌に優しいというイメージを持っていることが危険です。

 

ワースト1:拭き取りシートクレンジング

  • 界面活性剤の強さ:強
  • 肌への摩擦:最強

 

夜は疲れるから、とりあえず拭き取りシートで拭き取って寝てしまう…というあなたは今すぐ箱ごと拭き取りシートを捨ててください。

 

拭き取りシートでメイクを落とすくらいなら、化粧をしたまま寝てしまうほうがいいくらいです。(マシっていう程度ですが)

 

大抵のクレンジングは、メイクをお湯に浮かせて洗い落とせる成分も配合されているのですが、水を使わないんだから、当然界面活性剤の強さに頼るしかありません。拭き取りシートは大抵の場合、強いアルコールと界面活性剤が使われています。

 

しかも、化粧を落とすために、肌をゴシゴシしますよね。この”ゴシゴシ拭き取る”という行為がお肌に大ダメージを与えています。

 

毎日行うわけですから、その積み重ねが肌質を悪化させます。

 

肌をたるませ、摩擦でシミを作る原因になります。炎症が起きて赤ら肌になるし、ニキビもできやすくなります。イボだってできてしまいます。イボは摩擦でも起きますからね。覚えておいてください。

 

30歳を過ぎたら、拭き取りシートからは卒業しましょう…。

 

30歳からのクレンジングはクリームタイプがおすすめ

じゃあ一体どんなタイプのクレンジングが良いのかというと、クリームタイプがおすすめです。

 

クレンジングというのは、油性である化粧を水で乳化して洗い落とすのが目的。乳化とは界面活性剤ですから、どう考えたって肌へ負担はかかるもんなのです。

 

界面活性剤が薄いとその分メイクとの馴染みも悪くなり、ゴシゴシしてしまいます。(ゴシゴシしないと落ちないですからね)逆に界面活性剤が強いと、その成分が肌に負担を与えます。

 

だったら、総合的に考えてバランスの良い「クリームタイプ」が良いというわけです。

 

クリームタイプの程よい固さが重要です。メイクをしているお肌に載せるイメージで、こすらず浮かせてお湯で洗い流します。

 

何度も言うように、肌への摩擦が直接的な肌にダメージを与える行為です。いずれのクレンジングもお湯で洗い流すのが鉄則です。

 

とはいえ、クリームタイプがなんでも良いかと言ったら、そういうものでもありません。界面活性剤はコストがかなり抑えられるので、【安いクレンジング=界面活性剤が多い】と認識しておいたほうが良いです。

 

なので、クレンジングが肌のダメージになるならば、せめて安いクレンジングは使わないようにしてください。目安は2,000円くらいです。

 

2,000円もクレンジングにかけられないという人は、先を想像してみてください。肌が老化し、シミ・そばかすが増えれば、それを改善する美容液にお金をかけることになると思います。化粧だって厚塗りになって消費が早くなるでしょう。

 

クレンジングは化粧をするよりも肌に負担をかける行為ですから、クレンジングを見直すだけでも、肌がよくなることだってあるんです。それを考えると、ちょっと良いクレンジングを使っている方が、将来的にコストがかからないということです。

 

 

クレンジングのしすぎが肌にダメージを与える

女性はどうしても化粧をしなければいけません。中にはすっぴんを穿く人もいますが、化粧をすることで女性らしさを保つことだって出来るので、化粧はやっぱり女性らしく入るためには大切だと思います。

 

どうしても化粧や美容液ばかりに気を使う人が多いですが、クレンジング選びは慎重にしてください。化粧は肌が元気であるからこそ、化粧ノリと見栄えが良くなり、効果を発揮するものです。

 

化粧をして疲れ切ったお肌に、さらに追い打ちをかけるクレンジングです。

 

せめて良いものを使って、また明日お肌に頑張ってもらうためにもOFFの状態では肌をいたわって上げてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。