マイタケ茶で脂肪燃焼ダイエット|得する人損する人で紹介MXフラクションとは

マイタケ茶には脂肪燃焼を促すMXフラクションという菌糸があるそうです。

市原隼人の奥さまで1児の母。

モデルの向山志穂さん。

4歳の娘さんが残す食事をちょこちょこ食べ続け、妊娠前は46キロだったのか54キロまで増加。

確かに見ているとモデルさんにしてはぽっちゃり。

しかし!

マイタケ茶で3週間で54キロからマイナスマイナス5.9キロを達成。

お腹周りもマイナス10センチ。スッキリ解消。

得する人損する人で紹介されていました。

今回は番組でやっていた情報を知りたい方へ、マイタケ茶ダイエットの方法をメモしておきます。

スポンサーリンク



マイタケ茶のダイエット方法は?

1日500mlが目安。

たったこれだけ。

マイタケ茶を飲むだけで脂肪燃焼ができるなんて夢のようですね。

マイタケ茶の作り方

100度以上の熱湯で30分間マイタケを煮出します

そのまま冷蔵庫に保存してストレートで飲むことができます。

麦茶のような感じみたいです。

煮出したマイタケ茶にコーヒー豆を引かずに豆のまま入れて一晩置くと、マイタケコーヒーにアレンジできます。

コーヒーにも脂肪燃焼効果があるのでダブルでダイエット効果が期待できますね。

マイタケを食べるではダメなの?

そのまま食べただけでは数分の1程度の効果しかないそうです。

マイタケの脂肪燃焼効果が期待できるMXフラクションは、菌糸に守られているのでそのまま食べただけでは吸収されないみたいですね。

だから、明日からスーパーでマイタケを大量に買ってきてボリボリ食べてもあまり効果は期待できないのでご注意を。

マイタケ茶の味はどうなの?

麦茶のような味わい。風味はマイタケ。

マイタケコーヒーはキリッと味が締まるそうですね。

マイタケ茶は市販されてる?

市販ではあまり見たことないですが、ネットでは販売されているようですね。

こんなのがありました↓

実際、30分も煮出すのは面倒ですし、手作りは日持ちもしないですからね。

マイタケではないですが、以前あずき茶がとっても健康にいいと聞きつけ、手作りしたことがありますが、1日で腐ってしまいました。

特に夏場なんて危険ですからね。気をつけて手作りなり、購入するなり、楽に脂肪燃焼ダイエットをして見てはいかがでしょうか。

マイタケ茶ダイエットの実績とやり方まとめ

○期間:3週間、1日500ml目安に飲む
○体重:3週間で54キロ→48.9キロ
○ウエスト:−10㎝●100度以上の熱湯でマイタケを30分間煮出す
●冷蔵庫で保管(1〜2日間で飲み切る)
●コーヒー豆を大さじ1杯くらい入れて一晩置くと、マイタケコーヒーに変身

△mxフラクションはそのままマイタケを食べても効果なし
△夏場は腐りやすいので手作りにはご注意

マイタケには元々健康パワーが秘めている

マイタケ茶が市販のトクホ茶と違う点は、脂肪の吸収を抑えるのではなく、今ある脂肪を分解して燃焼してくれることです。

(からだ巡茶アドバンスに似てますね)

マイタケはmxフラクションの他にも、グリスリン、エルゴチオナインといった 希少なアミノ酸が含まれています。

○グリスリン…

血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので、低血糖やすぐに脂肪になるのを防ぐ。女性の卵巣周辺の不妊治療などにも活躍する

○エルゴチオネイン…

とても希少なアミノ酸。非常に強い抗酸化作用がある。化粧水やシャンプーなど、傷んだ肌や髪に使うことで、若返り効果が期待できる。

しかも、煮出した後のマイタケ自体を食べれば、食物繊維が豊富なので 便秘解消効果も期待できそうです。

つまり、マイタケだけでお腹がぺったんこスリムになり、お肌や髪の毛がツヤツヤ。ついでに便秘解消でスッキリ。

そんな万能なマイタケ。
こりゃ明日からスーパーから姿を消してもおかしくない。

とはいえね。

これらの成分は高濃度に抽出した場合に期待できる効果。

気が向いたらマイタケを食べる…ってなると、期待できるのは便秘解消くらいでしょうか。

マイタケ自体はとても健康に良いものですが、実際は煮出したマイタケからどれだけMXフラクションが流れ出てくれているのか…

で、もしかひてMXフラクションのサプリなんてあったりして…って思って調べたらありました笑

↓↓

サプリからマイタケ成分を取り入れるのとどっちがいいのでしょうね。

手軽さは断然サプリですが、一度手作りしてハマればマイタケ茶が向いていると思います。

色んな可能性が秘めているマイタケ。

ネットにはいろんなマイタケ成分が含まれたものが販売されていますから、マイタケ茶ダイエットで効果を感じなかったら、いろいろ試してみるといいですよ。

以上、得する人損する人の走り書きでした。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする