【画像あり】パールクチュール4つの効果|本当に効くのか正直に告白

パールクチュール 効果

30代に突入すると見た目だけじゃない、

お口のケアにも気を使わなくてはいけませんよね。

もちろん私、ネムコもお口のトラブルに日々悩んでおります。

普段マスクを着用すると、自分の口臭を感じて、ほんと嫌な気分になります。

おまけにコーヒーや紅茶が大好きなので

30歳過ぎてから歯の黄ばみの進行がヤバイです…。

これまではローラのCMでおなじみのnonioを使っていたのですが、

ふとしたきっかけで歯医者の検診を受けたら2本の虫歯がありました…治療中…

ですから思い切って ちょっとお高い歯磨きジェルを手に入れたんです。

それがこちら

「パールクチュール」

パールクチュール 効果

口臭の原因にもなる虫歯。

年齢を重ねるに連れ、

ばんでくる歯…

こりゃ本格的に口腔ケアをしないといけないね。

公式サイトを見るとわかりますが、結構いいお値段します(笑)

今回は、ちょっとお高いパールクチュールの効果とはどんなものなのか、

本当に値段ほどの価値を感じられるものなのか、正直に暴露します。

※すでにお買い求めの方はこちら

↓↓
パールクチュール

追加:5月23日パールクチュールを使って1ヶ月の結果報告!

パールクチュールを初めて使ったのは2月23日。

1本で1ヶ月分ありますから、使い終わった時にまたレビューを追加したいと思います。

使い終わりましたー。

それでは旦那の歯でビフォーアフターを見比べてみましょう。
厳密に言うと、1ヶ月と1週間分くらいは使うことができました。

こんな感じでちょいと黄ばんでいた旦那の歯。

Before↓↓↓
パールクチュール使う前

1ヶ月後の3月23日の写真を残してあるのでお見せします。

after↓↓↓
パールクチュール1ヶ月後

気持ち白くなったかな??

朝晩、毎日パールクチュールで歯を磨いた結果….

それなりに白くなる気がする。

まだまだ気持ち程度ですがね。

でも続ければ続けるほど、

○歯がツルツルになる

○ネバつきがなくなる

というのは実感しているそうです。

私が旦那に感じた限り、朝の口臭は減った気がしますあ。

途中で試しに市販の安すぎる(100円とかの)歯磨き粉を使うと、無駄な泡立ちと強すぎるミントで磨いた感じがしなかったそうです。

おまけに、安いのは後からネバつきがやってくる…って言ってました。

だから、市販の安い歯磨き粉と比べてみるとパールクチュールの良さが良くわかりますよ。

歯の黄ばみや口臭が気になるなら一度は試してまる価値ありです。

↓↓

パールクチュールの購入はこちら

パールクチュールの4つの効果とは?

「パールクチュールはどんな効果が期待できるの?」

名前からも感じるように、パールクチュールは「ホワイトニングの歯磨きジェルかな?」って感じます。

「口臭ケアがメインが良い」

「着色汚れを落としたいんだけど…」

ご安心を。

パールクチュール1本で 口内のトータルケアが出来るんです。

☑ ホワイトニング

☑ 虫歯予防

☑ 口臭ケア

☑ 歯茎のケア

ブラッシングすることでこの4つの対策ができちゃいます。

パールクチュール写真レビュー

まずはパールクチュールとはどんなものなのか、

早速写真でご覧ください▼

箱からすでに化粧品のようですが、開けてみると…

パールクチュール効果

やっぱりまるで化粧品

歯磨き粉とは思えませんね。

これで毎日歯磨きするなんて、何かテンションが上っちゃいます…!

▼箱裏には効能・成分・使用上の中などが書かれております。

パールクチュール 効果

公式サイトにも書かれていますが、 研磨剤・合成着色料/保存料不使用です。

シンプルで安全性が高い歯磨き粉ともいえますよね。

パールクチュール 効果

▼それでは、蓋を開けてみましょう。

パールクチュール 効果

パールクチュールはチューブではなくプッシュ型。

市販の歯磨き粉って、最後のほうはキャップにペーストがついてベタベタになりませんか?

これなら綺麗に使い切れて衛生的です。

1プッシュすると、丁度1回分くらい出てきます。

パールクチュール 効果

こんな感じ♪

色は白ですが、とても柔らかいので溢れないように…!勿体無いから(笑)

ちなみに香料は含まれているようですが、 臭いはほぼしません

初めてパールクチュールを使ってみた

さぁ、パールクチュールトゥーザマウス。

この子が私の歯をパールのように輝かせてくれるのか…

ちなみに磨いた日は、あま~いお菓子を食べた後で口の中がなんだか酸っぱいような嫌な口臭が漂っていた日。(汚くてすみません)

早速パールクチュールで磨いてみました。


<口に含んだ瞬間の感想>

味がしない

しかし、 徐々に弱めのメンソールを感じました。

やはりシンプルな成分のおかげか、ミントやシトラスなど、市販でよくある味はありません。

メンソールがなかったら、味は無何じゃないかなと想うくらいです。

強いて言えば、イメージで言うと薄いブラックガムをかんだときのよう(笑)


<泡立ち>

ほぼ泡立たない

パールクチュールには研磨剤や発泡剤が含まれていないので、泡立ちません。

ブラッシングがいつもよりやりやすく感じました。


<ブラッシングした感想>

洗い足りない?と感じるかも

これまで研磨剤と発泡剤で泡立ちのいい歯磨き粉を使っていた人にとっては(私もそうです)

少し洗い足りないと感じるかもしれない。

しかし、泡立ちがいい反面、 洗った気になって実は歯石が残っていた…なんてこと、私はあるあるでした。

むしろ、この「洗ったつもり」が蓄積して虫歯になるんですよね…。

ですから泡立たない事に慣れれば、なんの問題なく使えると感じました。


<洗い終わり>

歯磨き粉の味で侵されないのにスッキリ

口の中はミントで爽やかという感じはしませんでした。

ただ、スッキリ自然な洗浄された感じはある。

いつも口の中が歯磨き粉の味でいっぱいになる人、いますよね。

はい、私です。

おまけに、口の中がミントで侵されることもないので、 すぐに水やお茶を飲んでも平気です。

つまり、今まで ”強烈なミントで誤魔化されていた”ともいえますよね。

パールクチュールで歯磨きした後は自然な口の爽やかさを感じられます。

口臭除去・汚れの除去・ホワイトニング効果を正直に暴露

さて、使用感はわかりましたが、気になるのは口臭予防はホワイトニング。

初めて使ってみた感じはどうだったのか、良い悪い含めて

正直にお答えいたします▼


<口臭はどう?>

口の中の嫌な臭いは消え去った

他人に嗅いでもらったわけではありませんが、自分で感じる限り さっぱりと臭いは消えました。

ミントの味が少ないと口臭を打ち消してくれないかも?と思いましたが、そのような心配はなさそうです。

口臭除去の秘密とは?

パールクチュールの成分に「ヒドロキシアパタイト」というものがあります。

(ハイドロキシアパタイト・コーラルアパタイトとも呼ばれます)

これは何かというと、歯と骨の主成分。

この成分が配合された歯磨き粉を使うと、歯の表面のエナメル質の生成を助けるとも言われています。

また、ヒドロキシアパタイトの口臭除去効果の実験が公式サイトにかかれています。

▼口臭除去に驚きの効果があることが分かりますよ。

とにかく良いなと感じたのは、磨いた後

マスクをしても、自分の口の匂いを感じない…!

コーヒーのせいか、黄ばみが目立ってとてもキレイとは言えない歯でした…。ところがパールクチュールを使ってから、仕事中にも「歯がキレイですね!」といわれるようになりました。
(26歳|女性)

これならイケメン上司と接近しても、堂々と笑みを浮かべられます。(笑)


<歯のツルツル感は?>

舌でなぞると歯の形がよく分かる

ネバネバ・ザラザラもありません。

もちろん、泡立ちが少ない分ブラッシングしやすくなったというのもあると思いますが、

パールクチュールの成分には研磨剤に頼らない、独自の洗浄処方があります。

汚れ除去の秘密とは?

パールクチュールに は「汚れを浮かして分解」する作用があります。

言ってしまえば、口の中の汚れとは  ”油汚れ”や”色移り”。

一般的な歯磨き粉には、研磨剤が含まれています。

研磨剤でガシガシと油汚れや着色汚れを落とすのが一般的な歯磨き粉ですが、デメリットは歯を傷つけてしまうこと。

歯が傷つくと、虫歯予防の役割があるエナメル質まで傷つけてしまいます。

一方、パールクチュールの汚れを浮かして…とは、

油汚れや色移りを 吸着して取り除いてしまう成分で磨くということです。

その効能の中でも注目成分が▼

☑「PEG-8」

☑「三リン酸5Na(ポリリン酸)」

  • PEG-8…無毒で油にも水にも溶ける成分。歯の表面に付着する汚れとよく馴染む
  • 三リン酸5Na…着色汚れを分解する作用がある
三リン酸5Naとはポリリン酸とも言います。ホワイトニング処方で使われる成分でもあります。

研磨剤に頼ること無く、 優しく歯の表面の色素沈着・ステインを落としてくれるというわけです。


<白くなった?>

さすがに1回じゃ変化はありません。

ですが、ブラッシングによって表面についた汚れはスッキリ取れた感じが分かります。

長年な渡こびりついた着色汚れは流石に取れませんが、 一時的なステイン除去効果は十分あります。

ホワイトニングの秘密とは

パールクチュールには、「酸化チタン」「マイカ」「パール」が含まれています。

簡単に言えばホワイトニング効果が期待できる成分。

  • 酸化チタン…光の屈折率が高く、凸凹を滑らかに見せてキラキラ輝かせる
  • マイカ…非常に微量な粒子で歯に吸着し、パールのような輝きを見せる
  • パール…白く輝くパールそのものを配合(だからパールクチュール!(笑)

つまり、歯の汚れを落として白くすることを期待するばかりではなく、着色剤もちゃんと配合されているということ。

パールクチュールだけなのに、どこのホワイトニング通っているの?といわれた時は嬉しかった。
(26歳|女性)

これを毎日続けてみて1ヶ月後パールクチュールが一本無くなったら…

白く輝く歯に生まれ変われそうです。

そもそもクリニックのホワイトニング効果は、大部分が過酸化水素を用いてエナメル質を漂白し、歯を白く見せています。

過酸化水素は高濃度な漂白剤で、人によっては歯や歯茎が痛くなったり舌や粘膜がヒリヒリすることがあります。

だからパールクチュールを始め、一般的な歯磨き粉には配合することが出来ないんです。

その点パールクチュールは、ステイン除去・自然な着色でホワイトニング効果が期待できるというわけです。

もちろん即効性はないですが、毎日の歯磨きで、自然な本来の白い歯に育てることが出来る。

それがパールクチュールというわけです。

パールクチュール

パールクチュールの注意点!

個人的には磨いた後のすっきり感に絶賛です。が、あまり期待しすぎるのも失敗のもと。

実際に使ってみて感じた注意点をお伝えします。

泡立ちがない分ブラッシングはしっかりと!

パールクチュールは研磨剤が主成分の歯磨き粉とは違うので、 感覚的に洗浄力の弱さは感じました。

今までは泡立ちで口の中がいっぱいだったので、洗浄された気持ちになるものです。

パールクチュールは泡立ちがない分、ブラッシングがしっかりする必要があります。

でも、磨き終わって鏡をよく見ると、「あれ?いまいち歯垢が取れていない…」ってこと、よくあると思います。

これは泡立ちの洗浄気分に流されていた証拠。

パールクチュールを使えば「洗ったつもり」から、歯科衛生士が指導するようなしっかりとしたブラッシングを心がけられるようになります。

瞬時に口臭を抑えたい人には向かない!

仕事の昼休み。ランチに油断して「ガーリック系のパスタを食べちゃった…!」なんて人もいますよね。

お昼休みに歯磨きをする人もいるかと思いますが、パールクチュールのミントは強くありません。

確かにパールクチュールで口の中はスッキリするのですが、胃から込み上げてくる臭いの誤魔化しはできません。

ですから、すぐに口臭をごまかしたい場合はミントが強い歯磨き粉のほうがいいかもしれません。

そういう時は、 昼間は普通の歯磨き粉、朝と夜はパールクチュールといったように分けるといいかもしれません。

芸能人ばりの白さを求める人には向かない!

クリニックのような漂白効果はないので、 芸能人ばりの白さ(松崎しげるさんみたいな)にすることは難しいでしょう。

そもそも全ての歯磨き粉には、歯を白く輝かせる漂白剤は配合されていません。(出来ないとも言う)

では何故”ホワイトニング”と呼ばれるのかというと、ほとんどは ”汚れを落として本来の歯の白さに戻す”という意味で使われています。

ですが、パールクチュールにはちゃんと着色剤も配合されています。

クリニックのようなホワイトニングを求める方には向きませんが、自然な白い歯に近づけることはできるというわけです。

お高いパールクチュールを手に入れて感じたこと!

「正直聞きたいのは良いお値段の割に、効果はどうなの?」

ですよね。

このお値段なりの満足感って感じでしょうか。

私は使ってすぐに、かなり満足しております。

ですが、着色汚れに悩む旦那の話によると

「今まで1,000~2,000円の口臭・ホワイトニング歯磨き粉を使ってきたけど、

全く効果は感じなかった」

とのこと。

たしかに、これまで旦那のステインは全く取れていませんでした(笑)

だからこそ、このお値段でも選んだわけです。

でも、パールクチュールを1ヶ月使ってみて、気持ち白くなったと喜んでいましたよ。

大事なのは本人の気持ちですからね。
とはいえ、計算してみると一回あたりたった45円くらいです。

初めて使ってみた感想としては、

口臭の除去も、一時的な着色汚れ・歯垢除去も、十分満足できるものでした!

人が近づいても口をおさえる事も無くなる!

むしろ、白くなった歯を見せたい…!

なんというか…歯にお金をかける贅沢?優越感を感じます(笑)

歯の矯正を始める前にホワイトニングをしましたが、1年以上通っていないのでどんどん黄色くなっていました。
パールクチュールを使い始めて1ヶ月ほどですが、だいぶ歯が白くなってきたのを感じます。
(30歳|女性)

このような口コミを信じて使い続けたいと思います。

>公式サイトでパールクチュールの口コミを見る

 普通の歯磨き粉とパールクチュールの効果の違いまとめ

そもそも含まれている成分は圧倒的に違うのですが、中でも大きな違いは、

☑一般的な歯磨き粉⇒研磨剤で汚れを削り取る

☑パールクチュール⇒着色汚れを浮かせて分解

この2つに大きな違いがありました。

一般的な歯磨き粉の汚れを削り取るデメリットとは

歯を少しずつ削って傷つけてしまう。

一般的な歯磨き粉には研磨剤が含まれています。

研磨剤は価格も安く、汚れを洗い流すのには最適です。

ですが、

研磨剤は言ってしまえばヤスリのようなもの。

しかも、歯は年齢とともに脆くなっていく…。

歯の表面には元々虫歯になりにくくする組織があります。

これをエナメル質と言いますが、毎日の食事などで傷つき削れています。

そこへ研磨剤の歯磨き粉を使うことによって、

更に拍車をかけて少しずつ歯の表面を削り取ってしまうというわけ。

特に、口臭や着色汚れが気になっている方は、ゴシゴシ強く洗ってしまいがちです。

「ちゃんと歯磨きしているのになんでいつも臭うんだろう…」

という謎の現象。

もしかしたら 研磨剤入りの歯磨き粉でお口トラブルの悪循環が生まれいるのかもしれません。

一方でパールクチュールは汚れを浮かして洗浄してくれます。

つまり、パールクチュールは歯を傷つける心配がない。

☑傷ついた部分から雑菌が繁殖する心配が少ない

☑成分の効果で歯がどんどん丈夫に

☑さらに口内ケアが期待できる

☑口の匂い、歯の着色から解放される

というわけです。

パールクチュールはどれくらい続ければ効果的?

口臭ケアやホワイトニング効果は、1回使って現れるものではありませんよね。

ある程度は継続して使う必要はあります。

最低でも1~2ヶ月は続けて使うべき。

もちろん、歯の着色汚れの程度によって変わってきますよ。

途中でやめても、しばらくパールクチュールの効果は続くと思います。

パールやマイカによる着色剤、ヒドロキシアパタイトなど、パールクチュールの様々な成分によって歯を強くしてくれているわけですからね。

ですが、

年齢とともに歯のトラブルリスクは上がります。

また普通の安いヤスリのような歯磨き粉に戻してしまうと、当然お口のトラブルは起きてくるでしょう。

でもパールクチュールちょっとお値段お高いよ?

考え方は人それぞれですが、

歯医者ってほんと億劫ですよね。

虫歯の治療頑張ってますが、麻酔は本当にテンション下がる。

しかも1回の治療で終わらないのがこれまためんどくさい。

ほんと、普段から口内ケアをしておくべきだって感じます。

安い歯磨き粉を使って、

着色汚れや口臭に悩みながら虫歯になって治療費がかさむか…

多少歯磨き粉にお金をかけるとしても虫歯や歯周病の予防しながら、

毎日キレイな歯を魅せられるようにするのか…

大事なのは1度買って満足しないことですよね。(自分に言い聞かせています)

これからは多少値段が張ってても、私は常にきれいな歯、爽やかな息で過ごしたいですね。

パールクチュールの購入方法は?

ところでパールクチュールは、 ネットの公式サイト限定の商品です。

残念ながら市販では購入ができないんですよね…。

(もしAmazonや楽天で売っていたらそれは転売商品です)


単品もありますが、これがまたバカ高い…(笑)

そんなわけですから、 パールクチュールは定期購入にしちゃうのがおすすめです。

定期購入は 3回継続がお約束になっていますが、 かなり大幅に割り引かれるキャンペーンをやっています。

どちらにしろ、効果をしっかり実感するまでには 1~2ヶ月ほど使ってみるのがベストです。

3ヶ月後は解約もできますし、余っていれば休止もできます。

ですが、残念なことに大幅なキャンペーンは 毎月30名限定。

もしかしたら今月はもう終わってる?

ちゃんと確認した上で購入してくださいね

キャンペーンページはコチラ▼

パールクチュール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする