ヨーグルトパックで美白効果のある種類は1つ!【画像・動画あり】

ヨーグルトパック.美白効果

腸活ブームに ”乳酸菌”がもてはやされていますが、

地味に広がりつつあるのが「ヨーグルトパック」
実は「腸内フローラ」だけでなく、 お肌にも「肌フローラ」という常在菌が存在します。

つまりヨーグルトパックとは、

善玉菌を元気にすることで、美白効果を狙おうというもの。

週に2~3回ヨーグルトパックすると美白効果があるというのです。

だけど!

美白効果が期待できるといっても

ヨーグルトは何でも良いわけじゃないんです。

市販には様々なヨーグルトが販売されていて、どれを使ったら良いか迷う人も多いと思います。

どうせだから、 外側・内側から同時に美白効果を得たいですよね。

⇒それならば 「美白効果が期待できるヨーグルト」を使いましょう!

最も効果のあるヨーグルトパックの答えはコチラ▼

スポンサーリンク



ヨーグルトパックの美白効果がある種類はコレ

ずばり、ヨーグルトパックで美白効果が期待できる種類は

ブルガリアヨーグルト

そう、ヨーグルトの王道。明治ブルガリアヨーグルトです。

スーパーやコンビニなど、どこでも購入できるお手軽なヨーグルトですね。

「何故ブルガリアヨーグルトが美肌効果に期待できるの?」

その理由は 乳酸菌の種類が関係しています。

美肌効果が期待できる乳酸菌とは

美肌効果が期待できる乳酸菌とは

LB81乳酸菌

この菌が明治ブルガリアヨーグルトに含まれています。

LB81乳酸菌の効果とは

  • 腸を若返らせる
  • 皮膚機能の改善
  • 皮膚の水分保持の向上

作用があると言われています。

LB81乳酸菌は「ブルガリア菌2038株」と「サーモフィラス菌1131株」の組み合わせで出来たもの。

これらが含まれているヨーグルトであれば、明治ブルガリアヨーグルトじゃなくてもOKです。

だだ、明治ブルガリアヨーグルトはどこでも購入できる上、

明治はLB81乳酸菌の研究レポートに「ヨーグルトと美肌」に関わるレポートをいくつも発表して言います。

参考文献:明治の研究発表

ですから、その信頼性はお墨付きとも言えますよね。

美肌効果を引き出すヨーグルトパックの作り方


では早速ヨーグルトパックを作ってみましょう。

材料はコチラ▼

  • 明治ブルガリアヨーグルト(無糖・脂肪あり)
  • 小麦粉(日清のサラサラタイプがオススメ)
  • 清潔な容器・スプーン

作る上でのポイント▼

☑ヨーグルトは温めて殺菌する

ヨーグルトパックの作り方▼

ヨーグルト・小麦粉の量は、使いたい量に応じて加減してください。

私は大さじ1くらいで顔全体に足りました。

1,小麦粉大さじ1を清潔な容器に入れる

2.ヨーグルトを30秒レンジで温める(600w目安)

3.1の小麦粉に加熱したヨーグルトに大さじ1を入れる

3.ダマがなくなるまで混ぜる…

出来上がり♪

ヨーグルトパックを顔に施します▼

出来上がったら、すぐに使っちゃいましょう。

1回につき15~20分間のパックします。

パックの方法は?

  • そのまま手で塗る
  • コットンフェイスマスクに含ませてパックする

そのまま塗って放置でも構いませんが、 フェイスマスクは使うべきです。

何故なら、パック中にだんだんと乾いてきてパリパリになってしまうからです。

一手間かけられる人は 乾燥防止のためにコットンフェイスマスクを使うことをオススメします。

実際にヨーグルトパックを顔に塗ってみた

毎日ヨーグルトを食べている私ですが、ヨーグルトパックは初でございました。

初めて塗ってみた感想

私はコットンフェイスマスク無しでやりましたが、 10分経過したところで周りから乾いてくるのがわかりました。

やはり、 ヨーグルトパックはフェイスマスクで覆ったほうが良いです。

「Q.ヨーグルト臭くない?」

⇒A.意外と臭いは気になりません。

「Q.保湿感はどう?」

⇒A.ヨーグルトは温めているので、じんわりと保湿されているのを感じました。

「Q.肌トラブルはあった?」

⇒心配していた痒みはほぼありませんでした。

ただ、時間が経つに連れて小麦粉が乾いてくっついたときのような違和感がありました。

15分後…すすいだあと

ちょっと驚きました。

肌がめっちゃすべすべしてる…!

写真の見た目じゃわかりづらいですが、肌を触った感じで違いがわかります。

イメージで言うと、お肌に良い温泉に入ったあとのようですね。

化粧ノリが良くなりそうな気がします。

初めてのヨーグルトパック、お肌はとても良い感じでした。

ヨーグルトパック2週間チャレンジ

では早速、あなたもヨーグルトパックをチャレンジしてみましょう。

ルールは簡単▼

  • ヨーグルトパックは 2~3日に1回(15~20分)
  • ヨーグルトを食べるのは 毎食後1回
  • 最低 でも2週間続ける

ヨーグルトパックは2~3日に1回

ヨーグルトパックは、毎日する必要はありません。

ヨーグルトはph4の酸性よりの食品(ph1で強酸性)

つまり、ピーリングとまではいきませんが、古い角質を取り除くのと近い効果が得られます。

ですから、毎日パックすると必要な角質も溶かしてしまうことになりかねないのでNG。

ヨーグルトパックは肌の状態を見て、2~3日に1度にしましょう。

毎日食後に1回食べる

美肌を目指すならば、外側からだけでなく、 内側からも働きかるために毎日ヨーグルトを食べましょう。

ヨーグルトは食前やおやつで食べるよりも、 食後に食べることをオススメします。

お腹が空いた状態でヨーグルトを食べてしまうと、乳酸菌が胃酸によって死滅してしまうんですね。

もちろん、死菌でも善玉菌のエサとなりますから意味が無いわけではありません。

ですが、より効果を高めて美白を目指すためには、せめて腸内には生きたまま届けたい。

だから、ヨーグルトは食後に食べることをオススメします。

2週間以上続ける必要があるのは何故?

一般的にヨーグルトで腸内の改善が見込めるのは 2週間後以降と言われています。

それも、 同じ種類のヨーグルトを毎日食べ続けた場合です。

人の腸内菌はどんどん数が減っていき、毎日食べるもの・ストレスなどで菌の状態は日々変化しています。

つまり、3~4日続けたくらいでは、なかなかヨーグルトで腸内・肌フローラの変化は得られません。

ヨーグルト・ヨーグルトパックで美白効果を目指すならば、

2週間「毎日食べる」「2日1回パックをする」

というルールの元、効果が得られるかどうか試してみてください。

ヨーグルトパックQ&A

ヨーグルトパックについて疑問や効果を上げる方法を補足します。

ヨーグルトの菌を温めて死菌にするのは何故?

死菌にするのは肌トラブルを防ぐため。

お肌の状態、つまり肌の常在菌のバランスも人それぞれ。

ネットでは様々なヨーグルトパックの作り方がありますが、 温めて死菌にしたほうが無難です。

生きたままの乳酸菌を肌に直接塗ってしまうと、相性の悪い菌と喧嘩してしまい、中にはヨーグルトパックで 肌荒れを引き起こす人もまれにいます。

「でも、死菌で大丈夫なの?」

死菌にしたとしても、乳酸菌が分泌した「乳酸菌生成エキス」は残ります。

乳酸菌生成エキスの効果とは

  • 常在菌である善玉菌の餌となり、 活性化して増殖する
  •  悪玉菌の活動を抑制する働き

があります。

ですから、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は50度以上で死菌となるので、一度レンジで温めて使用しましょう。

ヨーグルトを温める理由▼

  • 肌に合わないなどのトラブルを回避
  • 乳酸菌の分泌物(乳酸菌生成エキス)を利用

はちみつやオリーブオイルは入れないの?

ヨーグルトだけでも十分。

はちみつやオリーブオイルを入れてヨーグルトパックをする人もいますが、効果を得るためにはヨーグルトだけでも十分です。

はちみつやオリーブオイルがお肌に良いのは分かります。

ですが、 混ぜるものを増やせば増やすほど肌への負担は増えますし、衛生面の扱いも面倒になります。(笑)

素人が作るパックですから、初めはヨーグルトと小麦粉だけで行うのがベストだと思います。

小麦粉を入れるのは何故?

パック中に垂れてこないようにするため。

「小麦粉って入れる必要あるの?」と思う人もいるかもしれませんね。

小麦粉を入れる理由は、粘りをだして垂れてこないようにするためです。

実際にやってみるとわかりますが、そのままヨーグルトを顔に塗るとダラーとたれて服が大変なことになりますよ。

(お風呂上がりにそのまま塗るなら別ですが)

パックが余ったら?

手、腕、膝など、乾燥が気になるところに塗りましょう

ただし、「余ったら次使うまで保存」はやめましょう…。

無添加だし、素人が作ったパックです。

どんなに清潔にしていても必ず雑菌が入ります。

もったいなくても使えないまで余ったら捨てましょうね。

ヨーグルトパックをオススメしない人

敏感肌にはオススメしない

赤みや腫れ、痒みを生じた場合はすぐにストップしましょう。

ヨーグルトはPH4の酸性寄りの食品なので、肌に塗ってピリピリしたり、痒くなる人も中にはいます。

酸性は殺菌作用があるので肌を清潔に保つ効果も期待できますが、逆に刺激が強いと感じる人もいます。

特に 敏感肌だと自覚している方はパッチテストをしてみてください。

ヨーグルトで美肌効果を発揮する3つのポイント

そもそもヨーグルトで美肌効果を得られる3つのポイントとは

  • パックで肌表面の善玉菌を増やす
  • 食べることで腸内の善玉菌を増やす
  • ヨーグルトの栄養素が美肌効果を発揮

パックで肌表面の善玉菌を増やす

ヨーグルトパックによる美白効果が期待できるものとは

  • 美白
  • 毛穴の黒ずみ・角栓
  • ニキビ

と、いわれています。

ヨーグルトパックがじわじわときている理由、それは 「肌の常在菌を正常に保つ効果」が期待できるからです。

肌には「美肌菌」と呼ばれる表皮ブドウ球菌が存在しています。

この菌は肌に潤いを与えるグリセリン関連物質を分泌したり、肌荒れやアトピー性皮膚炎を引き起こす黄色ブドウ球菌を退治する抗菌ペプチドを産生し、肌を守る大切な役割を担っています。

引用:顔の常在菌を大切にしよう

しかし、表皮ブドウ球菌は 洗顔のしすぎで洗い流されてしまいますし、環境の変化で増減します。

でも、毎日化粧をしている私達。

クレンジングや洗顔を止める訳にはいきません(笑)

だから、ヨーグルトパックによって、表皮ブドウ球菌を増やそうというのが狙いというわけ。

腸内改善から美肌効果を得るにはやはり時間がかかりますが、お肌へと直接働きかけるので、早めの効果が期待できますよ。

食べることで腸内の善玉菌を増やす

善玉菌による腸内環境の改善効果の調査結果があります▼

☑乳酸菌乳飲料を飲んだグループ

☑類似飲料を飲んだグループ

それぞれ 肌の角質水分量(肌の保湿)を調べた所、

乳酸菌乳飲料を飲んだグループの方が、 明らかに角質水分量が高くなった

という結果報告があるそうです。

また、一般的に肌荒れの原因は 便秘とも言われていますよね。

それは悪玉菌が優勢な状態で、悪玉菌や便が発する有害物質やガスが血液中を廻り、肌への代謝にも悪影響を及ぼすためです。

つまり、乳酸菌を”食べる”ことで、便秘解消・角質水分量の向上が期待でき、美肌効果を得られるというわけです。

ヨーグルトのビタミン・栄養素で美肌効果を狙う

乳酸菌以外にも美肌効果が期待できる栄養素はたくさんあります。

いわゆるヨーグルトをはじめとした乳製品には 「ビタミンA・ビタミンB2・カルシウム」「タンパク質や脂質」が含まれています。

例えばダイエットで肌荒れが起きるのは、タンパク質や脂質が不足するから。

だこら、ダイエット中でも美肌にはヘルシーなタンパク質や脂肪分は必要不可欠なんです。

また、栄養素をしっかりと代謝してお肌の状態を良くするためには、ビタミン類も欠かせません。

☑ビタミンA…乾燥肌を防ぎ、皮膚が固くなる「角化」を防ぐ

☑ビタミンB2…肌の代謝機能のサポート

☑カルシウム…肌の保湿機能を高める

つまり、乳酸菌以前にヨーグルトを始めとした乳製品には美肌へと導く栄養素が豊富に含まれているというわけですね。

つまり、美肌効果を得るには

パックだけ~食べるだけ~…、ではなく、

両方やる

というのが、 美肌効果が1番期待できるのです。

ヨーグルトパックして効果がなかったとしても、コストはとっても安いもの。

経済的には痛くないですよね。

(手間はありますが)

興味本位でも1度やってみると良いですよ。

お肌のスベスベ感、体感してみてください。

ヨーグルトパックで美肌効果!まとめ

ヨーグルトパックについておさらいしておいましょう。

☑ヨーグルトパックの作り方

  • ヨーグルトを30秒レンジで加熱
  • ヨーグルト1に対して小麦粉1を混ぜ合わせる

☑ヨーグルトパックのやり方

  • 2~3日に1回
  • 1回に付き15分~20分パック

☑ヨーグルトパックを行う目安

  • 2週間以上を目安に続ける
  • 美白効果アップのために 毎日”食べる”も取り入れる

私が1度やってみて思ったのは、

ヨーグルトパックはすぐに効果を感じる!

ということ。

毎日ヨーグルトを食べる週間がある方は、1度スベスベ感を味わうためにやって損はないと思います。

2~3日に1回じゃなくても、週末のご褒美にやってみるなど、長く続ける工夫をしてみてください。

ヨーグルトパックやっぱり面倒?

ちょいと面倒だと感じたこと…

⇒意外と小麦粉が顔や手にこびりつくのでパック後のすすぎが面倒

やはり根本的に美肌を目指すならばヨーグルトパックは継続的にしないといけません。

毎回小麦粉・ヨーグルトを混ぜてパックするのは、やっぱり面倒だなって思った方もいると思います。

すべすべ感に驚いたものの、私も正直面倒だなと感じました(笑)

最初は気遣う衛生面も、段々と気にかけなくなったりして、今日はちょいと痒い気がする…なんてこともあるかもしれません。

そんな方には、 パックと同じような効果を得られる化粧水がおすすめ。

お肌の常在菌を増やすことに着目した「ヨーグルト洗顔」です。

そのままの商品ネーミングでわかりやすいですね。(笑)

これなら毎回ヨーグルトパックを作って余してしまう心配もご無用。

化粧品としてお値段もお手頃なので、詳細がきになる方は別の記事もよろしくお願いします。

※記事作成中

参考文献リスト:

明治ブルガリアヨーグルトLB81 プレーン 450g

明治の研究発表

「乳酸菌は生きて腸に届かないと意味なし」はホント?|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

乳酸菌がすべてを解決する-著書:後藤利夫

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする